« 5200煙突 | Main | 9750リニューアル(1) »

July 09, 2006

サーキュラーソー

 蒸機時代の北海道鉄道模型と工作の画像掲示板で話題になっていたプロクソンのミニサーキュラーソーを導入しました。このツールはもともと古典客車の木製屋根の加工用に導入を検討していたもので、金属用のブレードで薄手(t0.2)の真鍮板切断も可能だとのことだったので早速購入した次第です。

 ブレードとテーブルの隙間を狭くした薄板切断用のテーブルをt1.0の真鍮板で作り、元のテーブルに皿ビスで固定します。ブレードのスリットは本機で入れ、薄いやすりで少し広げました。
 製品添付のI型の平行治具は平行を出すのに手間がかかるのと薄板用テーブルをセットすると使えないのでT型の平行治具を作りました。

 製品のバラツキかも知れませんが、ブレードとテーブルの手前の縁が直角になっていません。裏蓋を外してみたら、ブレードユニットを4本のビスでテーブルに固定していたので、これらのビスを一旦外して穴を適当なドリルを通して若干広げ、ブレードユニットを少しひねるように固定し直して解決しました。

 このツールの最大の利点は切断面の仕上げがほとんど不要なことと、角がきっちり出ることです。上記掲示板では細密パイプや細密アングル/チャンネルの切断、板厚幅の帯板の切り出しなども紹介されています。
 これまで厚板はバンドソー、薄板には遠藤機械の切断機、窓抜きなど細かい切断は糸鋸と使い分けてきましたが、さらに強い味方が加わりました。

Circular_saw

上記掲示板で細かく紹介していただいたハンドルネームH5編成さん、ありがとうございました。

|

« 5200煙突 | Main | 9750リニューアル(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5200煙突 | Main | 9750リニューアル(1) »