« 阪鶴台車(5) | Main | サーキュラーソー »

June 25, 2006

5200煙突

 ドームに引き続いて、煙突と安全弁ベースを作りました。煙突キャップは、磨きだしを考慮して差込式にしています。安全弁と汽笛は別途適当な円板に取り付けてベースにはめ込む予定です。
 砂箱の取っ手(つまみ)をφ1.0の線材から旋盤加工ののち、宝飾細工用のコーンカップカッターを利用して玉状に仕上げ、頂部にあけた穴に差し込みました。5200dome4

|

« 阪鶴台車(5) | Main | サーキュラーソー »

Comments

中村さん、今日は。
いつもながらに、本当に綺麗な出来でウ~ンと感心するばかりです。
で、自分の作品を見ると・・・。
丁寧に、丁寧にと思って造っている積りなんですが、丁寧さの次元が違うとしか考えられませんネ。

Posted by: 溝口 健 | June 27, 2006 11:09 AM

溝口さん、こんにちは
お褒めをいただいて少しくすぐったいです。
ドーム裾の工作は、少し手が滑った瞬間にお釈迦なってしまうので、機関車作りの中で一番やりたくないところです。
今回は早い段階で済ませたので、これからルンルン気分で工作がはかどりそうです。
アッ、煙突裾のボルト植え込みがまだでした。

Posted by: 中村 | June 28, 2006 12:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 阪鶴台車(5) | Main | サーキュラーソー »