« 阪鶴台車(4) | Main | 5200煙室戸 »

April 17, 2006

5200ボイラー2

 時が経つのは早いもので、前回の5200製作記:ボイラー1からちょうど1年経過しました。この間いろいろ浮気していましたがようやく5200に戻ってきました。今回は、煙室と煙室サドルです。
 煙室はφ20の丸棒から肉厚0.6ミリのパイプを削りだし、フライスと割出し機を使ってリベット孔を空け、φ0.3洋白線を植え込みました。煙室サドルはt0.6の板にφ0.5のボルトを植え込んで、煙室側に取り付けてあります。
Boiler3

|

« 阪鶴台車(4) | Main | 5200煙室戸 »

Comments

中村さん、こんにちは。
やっと5200に戻って来てくれましたネ。
実は中村さんの工作技法を勉強させて頂こうと密かに楽しみにしていたんです・・・。

Posted by: 溝口 健 | April 27, 2006 05:31 PM

溝口さん
しばらく見ていなかったので遅くなりました。コメントありがとうございます。
いつもパーツ状態や過程の写真を撮り忘れ、結果だけの写真しか載せられませんので参考になるかどうか・・・。平尾さんの几帳面さを見習わなくてはいけませんね。

Posted by: 中村 | May 09, 2006 12:41 PM

中村さん、こんばんは。
平尾さんは一寸特別ですヨ。
あの几帳面さ、あの工作の早さ・・とても真似など出来ません。

途中経過を載せて頂けるとそれこそ助かりますが、それは無理だって云うことは充分解っている積りです。
自分自身が工作している時は写真を撮るのを忘れていますから・・・。
でも、結果でも大いに参考になるものなんですヨ。
ですから、宜しくお願いしますネ。

Posted by: 溝口 健 | May 11, 2006 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 阪鶴台車(4) | Main | 5200煙室戸 »