« 阪鶴台車(3) | Main | 5200ボイラー2 »

March 05, 2006

阪鶴台車(4)

 前回の試作のときに外れてしまった枕バネ先端のパイプは、やはり半田付けが甘かったようで型どりの圧力で外れてしまったようです。かなり小さなものでしたが、無事発見されて、ロスト工房で付け直しをしていただき、再度試作品があがってきました。今度は問題がなかったので量産をお願いしたのが、昨日届きました。
 素人相手に丁寧で親切な対応をしていただいたM工房さんに感謝です。

 枕梁を止めるM1.4のタッピング加工は、ロストの非貫通孔にタップを立てる難しい作業になりますが、所属クラブのベテランNさんがかって出てくれました。こちらも感謝です。
hannkakulost2

|

« 阪鶴台車(3) | Main | 5200ボイラー2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 阪鶴台車(3) | Main | 5200ボイラー2 »