« July 2005 | Main | November 2005 »

October 22, 2005

レイアウトルームと工作室の分離独立運動   (その3)

 次は奥方の持ち込んだ資料類の整理です。2,3回の転勤があったのでかなりの量です。自分で整理するつもりで、だいぶ前に家庭用シュレッダーを購入していましたが、全くの手付かず状態でした。聞くと、ほとんど廃棄して構わないが、個人情報が入っているものはシュレッダーが必須条件とのこと。これならやれそうです。

 整理開始は昨年末、年末年始の休みを返上してひたすら仕分けとシュレッダーかけ。これでわかったのが家庭用シュレッダーの非力さです。1度に通せる枚数は少ないわ、連続して20分も使うと30分程度休まないと働かないわで、仕分けとシュレッダーの時間配分を考えての作業となりました。整理・清掃を終え、工作台や工作機械などの引越しが完了したのは1月中旬でした。

 めでたくレイアウトルームと工作室の分離独立は実現し、写真のように奥からL字型にボール盤、工作台、切断機、バンドソー、旋盤、フライス盤と並べました。これ以外は本箱、たんす、掃除機、その他のガラクタが占めていて、半分は物置状態です。写真にも脚立が写ってますね。ちなみに脚立の脇の塩ビ管は長い金属丸棒やパイプ保管ケースです。
kosakusitu1 引越しを終えた部屋を見た奥方の第一声は「ひぇー!何!これ!」でしたが、ここまでやった労働に免じてくれたのか、将来息子の部屋が空いたら所有権を主張しないことを条件にOKとなりました。やれやれ。
kosakusitu2

| | Comments (0)

October 21, 2005

レイアウトルームと工作室の分離独立運動   (その2)

 工作室の移転先候補としては、息子の部屋が空かない限り、かつてレイアウトルームへと企てて果たせなかった娘の部屋しか考えられません。この部屋は、あの後、奥方が自分の部屋にすると言ってパソコン用に机を搬入。一角にストックキットを収納するスペースを確保したものの、所有権は完全に奥方に移ってしまいました。

 しばらくはパソコンを持ち込んで使っていましたが、パソコンを仕事場へ持ち出すようになるとだんだん使わなくなり、さらに、転勤のたびに前任地の資料などを持ち帰って放り込むので、やがて完全に物置化してしまったのです。これなら、うまく進めれば工作台を置けそうな感じです。まずは所有権の唯一の象徴とも言えるパソコン机を、何とか理由を付けてほかの部屋に移動することです。

 奥方のパソコンはほぼ毎日仕事場と自宅の間を行き来していました。ノートタイプとはいえ、かなり大変そう。
 そこで、パソコンの持ち運びをしなくて済むように居間の一角に家族共用のパソコンコーナーを作ろうと提案しました。ノートパソコン1台分の投資が必要ですが、目的達成のためにはいた仕方ないところです。この提案は受け入れられて、物置のパソコン机は居間に移動しました。居間のパソコンはほぼ奥方専用になり、満足しているようです。どちらもハッピーでめでたしめでたし。1年ほど前のことです。(つづく)

| | Comments (0)

October 20, 2005

レイアウトルームと工作室の分離独立運動   (その1)

 工作の方はまだご紹介できる段階ではないので、レイアウトにまつわる話題でお茶を濁すことにします。
 レイアウトについては、ホームページ開設以来更新はおろか画像すら載せていませんが、体力勝負の台枠、レール敷設、配線、さらに背景の空・雲・遠景の山並みのペイントまで進んでいます。これからストラクチャーや地面に掛かろうというところで2つの問題が発生しました。

 1つは機関車工作の誘惑。車両工作とは異質のレイアウト作りを2年も続けると機関車が恋しくなります。所属クラブのメンバーが新作を発表するのを見るたびにいても立ってもいられなくなりました。もう1つはフライスやバンドソーなどの導入による切子の飛散と工作スペースの問題です。レイアウトに切子の雨あられが降りそそぐのもいやだし、作業スペースも極端に狭くなり、このまま進めると人体とストラクチャーなどとの接触事故の頻発が想定されました。当時の写真はないのですが図でお分かりいただけるかと思います。
 layoutroom1

 そこで、レイアウト作りを一時休止して機関車作りに励む傍ら工作室の分離独立運動を進めることにしました。2年ほど前のことです。(つづく)

| | Comments (0)

October 03, 2005

模型屋さん

 母屋に追加した自己紹介の模型歴に関連して今までにお世話になった模型屋さんを列挙してみました。当然居住地、通学・通勤先によるところが大きく、また年齢相応に行動範囲が拡大しています。ちなみに居住地は、高校まで吉祥寺、大学時代は横浜に下宿、社会に出て結婚するまでは府中市、結婚後は横浜です。半世紀近くに亘るので当然かもしれませんが、1/3が現存していないのが残念なところです。

はとや(吉祥寺、小学校の近く)、歌川模型(吉祥寺)、中央模型(吉祥寺駅前通り)、ニットー教材(西荻窪)、珊瑚模型店(方南町、開店当時から)、水野(中野ブローウエイセンター内)、松本模型(京都、修学旅行のとき)、関根模型(保土ヶ谷)、トリオ商会(三鷹)、みどりや(四谷)、いさみやロコワークス(二子多摩川)、エコーモデル(蓮沼)、マッハ(大坂)、カワイモデル(神田)、鉄道模型社(水道橋) 、チヨダママストア(横浜相鉄ジョイナス)、きがらや(横浜大口)、だるまや(横浜六角橋)、篠原模型店(横浜伊勢崎町→馬車道)、日進横浜(横浜西口)、トビー商事模型部(関内)、機関庫(小田原)、おくぬし(町田)、熊田貿易(浜町)、さかつう(巣鴨)、天賞堂本店・新宿店、扶桑模型(千葉)、イモン原宿店・大井町店・横浜店、横浜模型(横浜ダイヤモンド地下街)、小西製作所(大坂、船舶関係)
TMS1

 最近店主が亡くなった歌川模型は小学生のころから通っておりました。中学生の時にはTMS のバックナンバーを大量に譲っていただきました。その中に1冊だけ表紙に「見本」のはんこ、裏表紙に写真のように「歌川様」と書かれたものがあります。

 高校は杉並区で自転車通学だったので、学校の帰りに西荻にあったニットー教材や開店したての珊瑚模型店に寄りました。珊瑚は今と違って1階が店舗でしたし、環七はまだ工事中でした。

 現在は、イモン横浜店がメインで、たまに珊瑚、エコーモデル、天賞堂のお世話になっています。

| | Comments (0)

October 02, 2005

ホームページ更新

 ホームページの「リンクのページ」に「自己紹介」を追加し、「自己紹介とリンクのページ」としました。
 工作のほうは、無謀にも古典客車の台車、それも旧阪鶴鉄道の台車のロスト型を作成中で、かなり苦戦しています。多少とも形になったらご紹介するつもりです。

| | Comments (0)

« July 2005 | Main | November 2005 »