« 模型屋さん | Main | レイアウトルームと工作室の分離独立運動   (その2) »

October 20, 2005

レイアウトルームと工作室の分離独立運動   (その1)

 工作の方はまだご紹介できる段階ではないので、レイアウトにまつわる話題でお茶を濁すことにします。
 レイアウトについては、ホームページ開設以来更新はおろか画像すら載せていませんが、体力勝負の台枠、レール敷設、配線、さらに背景の空・雲・遠景の山並みのペイントまで進んでいます。これからストラクチャーや地面に掛かろうというところで2つの問題が発生しました。

 1つは機関車工作の誘惑。車両工作とは異質のレイアウト作りを2年も続けると機関車が恋しくなります。所属クラブのメンバーが新作を発表するのを見るたびにいても立ってもいられなくなりました。もう1つはフライスやバンドソーなどの導入による切子の飛散と工作スペースの問題です。レイアウトに切子の雨あられが降りそそぐのもいやだし、作業スペースも極端に狭くなり、このまま進めると人体とストラクチャーなどとの接触事故の頻発が想定されました。当時の写真はないのですが図でお分かりいただけるかと思います。
 layoutroom1

 そこで、レイアウト作りを一時休止して機関車作りに励む傍ら工作室の分離独立運動を進めることにしました。2年ほど前のことです。(つづく)

|

« 模型屋さん | Main | レイアウトルームと工作室の分離独立運動   (その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 模型屋さん | Main | レイアウトルームと工作室の分離独立運動   (その2) »