« 製作中の機関車 | Main | 5200本体下回り »

March 13, 2005

形式5200について

5200 話が前後しますが、現在製作中の形式5200についてふれておきます。
 旧京都鉄道が舞鶴までの路線延長に備えて、アメリカのピッツバーグ機関車工場に注文したもので、1897年に2輌製造されました。旧京都鉄道では4形として使用されましたが、路線延長の見込みが立たなくなったため、1902年に旧山陽鉄道に売却され、26形となりました。
 CADで作図した側面図を示します。テンダーはアメリカ形としては珍しい2軸です。片ボギーでもう少し大きなテンダーがついていても良いように思いますが、路線がそれほど長くないのでこのような小形テンダーを採用したものと考えられます。全体的にはこじんまりした大変好ましい形態だと思います。

|

« 製作中の機関車 | Main | 5200本体下回り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 製作中の機関車 | Main | 5200本体下回り »